tp401156ug’s blog

日々のくだらないこと

コンドーが死んだ

 近藤等則が夏頃から週一でYouTubeにあげていた動画が面白くて30年ぶりにコンドー・ワールドに引き込まれ、CDを買って聴いていたら、10月に死んでしまった。

f:id:tp401156ug:20201114203640j:plain

 『Check Point Charlie』 今聴いてもカッコイイな。

f:id:tp401156ug:20201114203726j:plain

 このところ毎日、昔のコンドーCDを聴いている。

『モグラのいえ』@多摩動物公園

 モグラは身近にいるありふれた野生動物です。

f:id:tp401156ug:20201105200950j:plain

 近所の公園のモグラ塚です。モグラが穴を掘り進めるときにいらない土を外へ出した跡です。いるのはわかっていても、実物を見る機会はまずありません。3年前にモグラ塚近くでモグラの死体を見ました。まだ何頭かいるようです。

 コアラ館やオラウータンのスカイウォークなど多くの人気施設がある多摩動物公園の中で『モグラのいえ』はかなり地味ですが、地下でひっそりと生きているモグラが頭の上を疾走するという逆転状況を楽しむことができる、ちょっと面白い飼育スペースになっています。

f:id:tp401156ug:20201105201040j:plain

 これがモグラのいえです。モグラ先輩がモグラの生態に関する質問に上から目線で答えてくれます。

f:id:tp401156ug:20201113225510j:plain

 入口と出口は一つの扉。時節柄、密に気をつけましょう。

f:id:tp401156ug:20201105201159j:plain

 現在、コウベモグラが2頭、アズマモグラが3頭います。アズマモグラは東日本、コウベモグラは西日本に生息しています。アズマモグラは多摩動物公園内で罠を使って捕まえているそうです。

 モグラのいえの中はこんな感じになっています。

f:id:tp401156ug:20201105201313j:plain

f:id:tp401156ug:20201105202131j:plain

 台の上にアクリルで作られたモグラの巣箱が置かれています。アリの観察ケースのモグラ版です。ここから天井に向かって垂直にパイプが伸びています。

f:id:tp401156ug:20201105201411j:plain

 パイプの通路の先にえさ場があるので、えさを食べるためにはどうしても天井のパイプの中を移動しなくてはなりません。

f:id:tp401156ug:20201105201450j:plain

 モグラは周囲の気配にとても敏感です。もとは野生の個体なので警戒心はかなり強いです。大きな声で話をしているとパイプの中に入りません。パイプに入って天井近くまで上がっても、何かに怯えて不意に巣へ戻ってしまうことがあります。体の向きを変えずにバックで走るのも結構早いです。縄張り意識が強いので、天井のパイプは一個体につき一本です。

f:id:tp401156ug:20201105201602j:plain

 天井のパイプは金網パイプだけなので、モグラの小便、大便に注意してください。

f:id:tp401156ug:20201105201632j:plain

 壁の向こうにえさ場ケースがあります。2頭分だけガラス越しに見ることができます。一度、えさ場ケースに入ったモグラを見ました。パイプの中から恐る恐るえさを取っていました。

f:id:tp401156ug:20201105201718j:plain

f:id:tp401156ug:20201105201733j:plain

 えさ場にいるのは10分ぐらいです。静かに待っていると壁の外へ出てきます。往路は周囲の様子を窺いながら慎重に進みますが、復路はわき目も振らず一目散に巣へ戻って行きます。腹ばいで短い手足を回転させてパタパタ進みます。ハムスターの走りに似ています。

 コウベモグラNo.79♀は活発です。結構な頻度でパイプに出てきます。個体識別番号は巣箱近くのパイプに書いてあります。インスタグラムにコウベモグラNo.79♀の動画を投稿しました。アカウントは tp401156ug です。

 モグラのいえにはカワネズミ、トウキョウトガリネズミ、オオアシトガリネズミもいます。なんでモグラのいえにネズミがいるのかはモグラ先輩に質問すると良いです。カワネズミは夜行性なのでいつも寝ています。トウキョウトガリネズミの動画もインスタにあげました。