tp401156ug’s blog

日々のくだらないこと 競馬予想

ラジオNIKKEI賞の予想です

5 サクラトゥジュエール ◎

馬連 1=5、3=5、5=8、5=9、5=12

 タワーレコード八王子店でジョン・ゾーン『Filmworks Anthology 1986 to 2005』を買いました。ハードなペインキラーよりもこっちのわかりやすい方が好きですね。

f:id:tp401156ug:20200705011721j:plain

 ジョン・ゾーンは高円寺に住んでいたことがあります。

 同じ頃、大学時代の友人、Kも高円寺に下宿していました。富山県出身のKは、東京の雨は恐ろしい、雨に打たれると顔が赤く腫れると常々語っていました。実際、雨の日に赤く腫れた彼の顔を何度か見たことがあります。それが東京の大気汚染によるものか、あるいは他に原因があるのか判断がつきかねました。

 ある深夜、飲み会から帰宅して、ふと、面白い話を思いつき、Kに聞かせてやろうと下宿に電話をかけました。午前3時頃だったのですが、Kは外出しているらしく電話に出ません。翌日、語学の授業をKは欠席し、以来、1週間ほど大学に姿を見せなくなりました。心配した友人たちの間で下宿へ行ってみようかと話が出るうち、Kがひょっこり現れました。祖母が亡くなって葬式に出ていたとのことでした。ひとしきり話をしたところで、Kは私に、先週、深夜に電話しなかったかと問いました。午前3時に電話をかけてくるような非常識な奴はお前ぐらいしかいない、どうせくだらない話を聞かされるだけだから出なかったと言うのです。私は少々癪にさわって、確かにおれは非常識な人間だが、午前3時に電話をするような馬鹿なことはしないと憤然と答えました。Kはそうかと考える風で、ちょうどその頃、祖母が息を引き取ったのだと言うのです。親戚で電話をした者はいないし、どういうわけであろうかと。その電話は夢の中で君に大事を知らせるために鳴ったのではないか、私はここぞとばかりに押してみました。Kは、そうかもしれない、不思議だなぁとしんみりしていました。

 不思議なことの多くは不思議でもなんでもないのです。

 どうでもいいJリーグのしょうもないFC東京の話です。わはは、1-0で勝った。テキストによる試合速報ではどうやら相当荒れた試合だったらしい。我らがディエゴが負傷してしまった。柏の外人に荒くれ者がいるぞ。

 ラジオで都知事選の政見放送を聞いていたら、山本太郎が「政府に認めさせる」だの「日銀に認めさせる」だのと大きなことを言っていて、都知事ってどんだけ偉いんだ、日本で一番権力を持っているのか、いや、山本太郎的には天皇の次かもしれないが、なるほど、信者が熱狂するのも合点のいく話ぶりで感心しました。